トロフィーはどのように作られるのか

何かで活躍した時にトロフィーをいただくようなことがあります。とても嬉しいことですよね。では一体、トロフィーはどのように作られているのかお話していきます。まず、予め制作しようと思っている金型を準備し、そこに圧をかけながら溶かした金属を流し込んでいくやり方があります。メリットとしては、一度金型を作ることにより大量に、そして頑丈なものを作っていくことができます。次に、職人によって真鍮で作られるというやり方です。メリットとしては、職人自らの手によって作られる為、一つひとつがオリジナルです。相応の職人だけが作ることができるので、美術品としての大きな価値のあるものにもなります。トロフィーはスポーツ以外にも、イベントの企画景品などで使用されたりと場面は様々あります。ただ共通して言えることは、与えられた方の功績をたたえるものであるので、もし自宅に保管してある場合はたまには磨くことも良いかもしれませんね。

トロフィーの制作過程

スポーツなどで優秀な成績をおさめた時などに、トロフィーをいただくことがあります。普段中々手にすることなどないので、貰うとテンション上がりますよね。果たしてトロフィーはどのような過程で作られていくのか伝えていきましょう。まず初めに、作りたいと考えている金型を準備し、圧力を加えて溶かした金属を流し込んで制作していく方法があります。金属に関しては、亜鉛やアルミの合金製が多く使われます。メリットとしては、初めに金型を制作してしまえば大量に数多く作っていくことができます。次に、職人により真鍮で制作していく方法があります。金型とは別に樫の木、あるいは桜の木を使用して、木で作られた型へ真鍮を回しながら押し付け、大変手間はかかりますが職人自らの手を使い形成していきます。メリットとしては、職人が一つひとつ作っていく為オンリーワン商品が作られるということです。トロフィーには二つの作られ方があるということを覚えておいて下さい。

功績の証でもあるトロフィー

イベントがあった際、見事功績をおさめた時などトロフィーを貰うことがあります。貰うと気分が良くなったりしますね。トロフィーの制作について、二通りの方法があることをお話していきましょう。一つ目はというと、作ろうと考えている金型を準備し、圧力をかけ溶かしきった金属を流し込んでいくというやり方です。メリットは、一回金型を作ることにより、次から大量に丈夫なものを作り続けていくことができます。もう一つは、職人自らが真鍮で作っていくやり方です。樫の木や桜の木を使い、木で作った型に対して上手く真鍮を回転させながらギュッと押し込んでいきます。メリットとしては、全て手作業になりますので、同じものは作れない為価値のあるものに仕上がるということです。トロフィーは自らの功績の証です。部屋の片隅にある方がいましたら、たまにはキレイに掃除して、輝きを取り戻してみるのもいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*